『フェニックス・シーガイア・リゾート』は、広大な黒松林と共存している。 ふと外を眺めたと...
#002 人の手で育まれた、自然の安らぎ。
『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』から鑑賞できる夜の景色は、大自然の四季に合わ...
#003 木々の息吹が、光と変わる。
世界のトッププレーヤーたちが数々の名勝負を繰り広げてきたゴルフトーナメント『ダンロップフ...
#004 特別な一席で、味わう名勝負。
『フェニックス・シーガイア・リゾート』の近隣にある『一ツ葉海岸』では、宮崎県指定天然記念...
#005 キレイな海が、小さな命を守る。
「近代フランス料理の父」といわれる、オーギュスト・エスコフィエ。 その名を冠する日本エス...
#006 一流の証が、美味を生む。
水平線に浮かぶ海の向こうから太陽が登ると、水面に立ち込めていた朝霧が流れはじめました。...
#007 カーテンを開け、太陽と目覚める。
月に一度の満月の夜にだけ、出会える特別な瞬間があります。 月の織りなす表情はただ、幻想的...
#008 月の光に恋する瞬間。
「シェラトン・シグネチャーベッド」の心地良い眠りは、 アクティブに動いた一日の疲れを癒や...
#009 寝心地も、旅の一部です。
クラブフロアに飾られた木の彫刻は、イギリス人アーティストのチャーリー・ ウィニー氏による...
#010 表情が変わる、自然のアート。
シュー生地の中にフレーバーをまぜたカスタードクリームを挟み込んだエクレア。 一つ一つ手作...
#012 美味しくて、かわいいスイーツ。
大自然の恵みを感じさせる新鮮なミントのカクテル“モヒート”を作っていただきました。 ミン...
#014 宮崎の恵みを、爽やかに味わう。
トップアスリートのトレーナーとして有名な大川達也氏が率いる、トレーニング専門会社『STR...
#015 ココロも、カラダも、整える。
エントランス回りの植栽、ゲートモニュメント、ライティングを一新しました。 特にホテル入口...
#016 お出迎えを、華やかに。
広大な敷地なので、車で訪れると「ホテルはどこだろう?」と分からなくなってしまう人もいたそ...
#017 ようこそ、大人のリゾートへ。
ワンランク上のサービスと設備を楽しめるのがクラブフロアの魅力。 ここでは、宮崎の自然をイ...
#018 宮崎の自然が香る、インテリア。
36階以上のクラブフロアでは、アメニティが『タルゴジャポン』の製品に。 シャンプー・コン...
#020 自然のチカラで、カラダを休める。
松泉宮の各湯屋をつなぐ回廊は、夜になるとさらに幻想的な空間へと変貌します。 回廊を歩いて...
#021 光の睡蓮が、回廊に咲く。
36階にクラブフロア専用ラウンジ『シェラトンクラブ』が新設されました。 まず足を踏み入れ...
#022 ホテルの中の、特別なホテル。
チェックインの瞬間に、宮崎に来たことを実感しました。 宮崎は“日向(ひゅうが)”と呼ばれ...
#023 ようこそ。宮崎の自然を感じる玄関へ。
2016年10月、『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』の42階に新設される『スカ...
#026 空と海が、美味しさを引き立てる。
「コーヒーを飲みながらゆったり過ごす場所が欲しい」そんな声に応えて完成した『風待ちテラス...
#027 旅やすめ、羽やすめ。
ゆったりとした時間のなかで家族や大切な人、未来の自分に手紙を書いて気持ちを伝えることがで...
#028 想いを、思い出を、贈ろう。
ホテルのエントランスを抜け、右奥へ進むと現れるアクティビティセンター。 旅のプランに迷っ...
#029 ここから宮崎をはじめよう。
シーガイア内をセグウェイに乗って散策するプログラム 『シーガイア満喫セグウェイツアー』に...
#030 風と走り、宮崎を知る。
リゾート気分を彷彿させる椰子の木に囲まれた「パシフィカ」カクテルバー。 足を踏み入れた瞬...
#032 南国に酔う、上質な時間。
対象施設の利用で貯めたポイントを、さまざまな特典に交換できる『シーガイア プレミアム メ...
#034 お客様に、ずっと寄り添う。
温泉からあがったら、リニューアルしたばかりの休憩処で身体を休めよう。 まるでゆりかごのよ...
#036 湯上がりを、ゆったりと。
『トム・ワトソンゴルフコース』に誕生したもうひとつのリゾートゴルフ、ナイター営業『ホシゾ...
#037 ココロ踊る、夜空のゴルフ。
旅行好きの夫婦でも、子どもが生まれるとなかなか腰があがらなくなるもの。 でも、ミキハウス...
#038 小さなお客様にも、心地よさを。
2016年秋、2階ロビー、4階サミットホールを中心に内装がリニューアル。 松林とシームレ...
#039 ビジネスにも、心地よさを。
ゴルフを楽しむ全ての女性に楽しんでもらえるのが、このクラブハウス。 KEN OKUYAM...
#040 女性に嬉しい気配りを。
『フェニックスゴルフアカデミー』では、それぞれのレベルや体系にフィットするスイングを確立...
#042 本気で学ぶ。本気で愉しむ。
五輪におけるゴルフの競技別強化拠点施設(ナショナルトレーニングセンター)の、 テクニカル...
#043 ここは、日本の最高峰。
トライアスロンのプロ選手が毎年実践練習を行う施設として認定されました。 競技別強化拠点施...
#044 最高のサポートと、宮崎で鍛える。
新婚夫婦が寝室へ通されると、ベッドの上で待っているのは優美な2羽のスワン。 よく見ると、...
#046 二羽のスワンが、二人をお出迎え。
キャディと一緒に自分の足で歩きながら、風の流れや芝の状態を感じ取りつつ巡ることこそゴルフ...
#047 愉しい時間に、快適を。
世界中のシェラトンにて共通のレシピで作られるシェラトン・クロワッサンを、パインテラスのラ...
#049 伝統に、美味しさを詰め込んで。
色とりどりの新鮮な野菜が並ぶサラダコーナー。 ブロッコリーやトマトといった定番の野菜に混...
#050 旬を集め、彩をつくる。
高濃度酸素を送り込んで気圧を高めた『高気圧酸素カプセル』。 30分〜1時間程度この中に横...
#051 酸素で、カラダを癒す時間。
2016年のリオ・オリンピックから、ゴルフは正式種目になります。 フェニックス・シーガイ...
#052 世界を知る、世界を感じる。
シーガイアテニスアカデミーに、『初めてクラス』が登場! これまで大人の初心者は初級クラス...
#053 はじめる人の、味方へ。
本格的にアスリートを志すなら、できるだけ低年齢のうちに始めるのがセオリー。 『シーガイア...
#054 未来の星は、宮崎で育つ。
“宮崎牛の旅”とはこの事だ。 1日限定6名しか入れない希少性を誇るレストラン『うしのみや...
#055 宮崎牛の、すべてを愉しむ。
『パーク・アベニュー・キッチン』はリゾート感にあふれる明るい店内でゆったり食事ができ、...
#056 明るさは、美味しさです。
『ジ・オーシャンクラブ』の川越コーチが率いる障がい者水泳チーム『宮崎シーガイア』。 世界...
#057 宮崎発、世界へ挑む。
昼はラウンジとして利用できる『パシフィカ』カクテルバー。 2014年に、コーヒーが新しく...
#058 挽き立てが、愉しさを引き立てる。
潮風が気持ちいい一ツ葉海岸や、木漏れ日が降り注ぐ松林。 シーガイアの自然を堪能したいなら...
#059 呼吸を合わせて、駆け抜ける。
数年ぶりにやってきた『松泉宮』の中浴場『新月』。 以前よりずっと明るいので建て替えたのか...
#060 明るさに、包まれ、くつろぐ。
生まれ育った土地でも、郷土料理って意外と親しみがありません。 どんな料理かは知っていても...
#061 宮崎の味を、食べ尽す。
県内でも有数の人気店 中国料理『藍海』。 ランチの時間帯はとくに、多くの人で賑わいます。...
#062 よくばる人に、至福の時間。
『藍海』のすべての料理に使われているスープ。 毎日約10時間かけて、じっくり出汁をとって...
#063 手間に、手間をかけ、辿り着く。
広東窯って知っていますか?大人の背丈ほどもある寸胴鍋のような見た目で、 下に焼け石を並べ...
#065 窯が変われば、焼きが変わる。
竹の蒸籠を開けた瞬間、湯気とともに立ち上る食欲をそそる香り。 うっすらと桜色に透けるプリ...
#066 湯気と香りが、そそる食欲。
2016年9月、開店以来20年以上も活躍していた『藍海』の中華バーナーが新しくなります。火力が...
#067 炎を操るものが、味を制す。
料理もお酒も大分堪能したので、最後に何かご飯ものをいただきたいと思ったら、隣席からカレー...
#068 宮崎牛に、新しい楽しみ方を。
ここは“湯道”における作法を実践するための様々な工夫が施された湯室です。 色鮮やかな手ぬ...
#069 心まで温かくなる、湯の真髄。
ピノキオという名前の馬に乗って、松林を散策。 初めて乗るのに乗馬場を出るなんてちょっぴり...
#070 冒険みたいな、ビーチウォーク。
夏の定番イベントといえばBBQ! ジュウジュウと音を立てて焼けるお肉に、冷たいドリンク、...
#072 夏の思い出を、ほおばる。
『コテージ・ヒムカ』のプールサイドでバーベキューをしていると、 水面に浮かぶボールが目に...
#073 子供にかえる、水の上。
旅行のときはいつも愛犬を預けているけど、できることなら連れて行きたい。そう思ったことはあ...
#074 ペットと目覚める旅。
1971年に開場した『フェニックスカントリークラブ』。 開場45周年を記念して、キャディ...
#076 歴史と思い出をその手に。
国内のみならず、世界トップクラスの選手も出場する『ダンロップフェニックストーナメント』。...
#078 世界のフィールドに挑め。
新郎新婦が神父の前に立つと、三方を囲むカーテンが開け放たれました。 現れるのは、海と空の...
#079 ふたりの未来を、碧に誓う。
抜けるような青空と紺碧の海、そしてどこまでも広がっているような濃緑の松林。 客室の窓外に...
#080 景色を写した茶器を愉しむ。
グレープフルーツジュースをオーダーしたら、出てきたのは丸ごとの果実。 皮の中よく見ると、...
#082 太陽の恵みを飲みほそう。
毎月第一・三木曜日のランチタイムには、宮崎県庁の前に長い行列ができます。みんなが並ぶのは...
#084 シーガイアクオリティを、すべての人へ。
夕食のためにパインテラスへ行くと、窓際の席に案内されました。 目の前に広がるのは、南国風...
#085 灯りとディナーを愉しむ特等席。
毎年新しいスタッフが仲間入りするシーガイア。 ホテルやレストラン、スパ、ゴルフ場など、あ...
#086 おもてなしに、若いチカラを。
世界で展開するホテルブランド『シェラトン』では、「いらっしゃいませ」ではなく「ようこそ」...
#087 「いらっしゃいませ」ではなく、「ようこそ」。
女性に人気のバッグをはじめ、スイーツ・ゴルフウェア・小物などの全8ブランドが集結した複合...
#090 かわいいパートナーに出会う。
クラブフロアに泊まるときは、専用ラウンジ『Sheraton CLUB』での朝食も楽しみの...
#091 宮崎を愉しむ、特別な朝。
クラブフロアの客室でのんびり過ごしていましたが、 少し気分を変えたくなったのでクラブフロ...
#092 昼下がりの優雅を手に入れよう。
あたりが夕闇に包まれはじめると、クラブフロア専用ラウンジ『Sheraton CLUB』は...
#093 夜の光に酔いしれる。
風がわたる草原のようなグリーンのタイシルクを張った壁。 中心には、日本を代表するアーティ...
#094 ビジネスに、特別な一室を。
照明を抑えた廊下を通って客室に入ると、まばゆい光に包まれました。 まばゆさの源は大きな窓...
#095 絶景を縁取る。
夜空に咲き乱れる大輪の花。 どん、どん、という低音が遅れて響いてきます。 目の前を遮るも...
#096 夜空に、はじける、夏の花。
シーガイアのすぐ近くに動物園があるってご存知ですか? 松林の中に位置する「宮崎市フェニッ...
#097 南国の太陽と、流れる。
『フェニックスカントリークラブ』には数々の名物や美味がありますが、中でも多くの人を魅了し...
#098 いい珈琲は、ゴルフの楽しみを引き立てる。
宿泊部門スタッフの制服が新しくなりました。 マンゴーイエローの色味で彩られたフロントを背...
#099 海のように、広いココロでおもてなし。
温泉までの道のりも、心が弾む特別な時間。 大浴場『月読』まで続く全長230mの『ゆかたウ...
#100 寄り添いたくなる、浴衣の回廊。
アートは絵画や彫刻だけではありません。 2階のフロントやクラブフロア専用ラウンジ「She...
#101 ココロ惹かれる、光の技。
目に飛び込んでくる、鮮やかなマンゴー・オレンジ。ヴィヴィッドな色彩なのに、心地よい。 歩...
#102 色彩が生む、あたたかさ。
ここへ来たら、一度は体験したいのがメガモヒート。 高さ28.5cmの通常の2倍の大きさに...
#103 爽やかに、大満足。
WEB PV